メニュー

Webマーケティングコース

Webマーケティングコース

Webサイト分析・解析に必要な技術はどういったものか?
Webサイトの品質改善技術を中心に学習していきます。

目標
  • SEOの基本を理解しサイトに実装できる技術を身につける。
  • Googleのツールを使いこなしサイトの分析ができるようになる。
対象者
  • Webマーケティングに興味のある方。
  • Webサイトの改修を行う技術的テクニックを学びたい方。
対象年齢大学生・社会人(目安ですのでご希望の場合はご相談ください)

カリキュラム

Download
#講座項目講座内容
1マーケティングツール – その1
  • Googleが提供しているツールとその関連性
  • Webマーケティングの目的
2マーケティングツール – その2
  • GoogleAnalyticsの設定(計測開始にあたって)
  • GoogleAnalyticsでできること(イベント・カスタム集計他)
3マーケティングツール – その3
  • SearchConsoleの設定と役割
  • GoogleTagManagerの設定と役割
4検索エンジンの仕組み
  • SEOの仕組みと基本
  • HTMLの基本構造とSEO対策を意識した設定
5正規化
  • URLをユニークにするための正規化設定
  • .htaccessの役割と設定方法
6ページのエラー対応
  • 内部エラーの解決方法
  • サイトの価値の判断
7Googlebotの制御
  • robots.txtの設定方法とSearchConsoleでのテスト
  • サイトマップの作成とSearchConsoleへの送信
  • WebSubの仕組み
8構造化マークアップ – その1
  • セマンティック(意味のある)マークアップの基本
  • 構造化マークアップのメリット
9構造化マークアップ – その2
  • 構造化マークアップの種類
  • JSON-LDによる設定と確認方法(構造化データテストツール)
10Webサイトの高速化技術 – その1
  • Webサイト高速化のポイント
  • PageSpeedInsightによる計測
11Webサイトの高速化技術 – その2
  • ネットワーク処理のフローと基本
  • DOM構造とレンダリングの仕組み
12Webサイトの高速化技術 – その3
  • JavaScriptの読み込みと高速化技術
  • Webサイトのキャッシュ化
  • サーバー構成でできる高速化技術
13Webサイトの常時SSL化
  • SSL/TLSの仕組み
  • 常時SSL化に伴う必要な設定
14モバイル対応
  • モバイルフレンドリー対応
  • モバイルファーストインデックス
15AMP対応
  • AMPの仕組み
  • AMPの設定と制限について
16コンテンツの組み立て – その1
  • サイト構造の見直し
  • カテゴリー構造の設計
17コンテンツの組み立て – その2
  • ページの品質チェック方法(チェックシート)
  • キーワードのニーズ検証
18コンテンツの組み立て – その3
  • 競合との比較(比較の指標)
  • 競合調査で使用するツール
19コンテンツの組み立て – その4
  • ライティングの骨組み
  • 読んでもらうための文章
20外部施策 – その1
  • 被リンクの知識
  • リンクビルディング
21外部施策 – その2
  • SNSの活用(OGPの設定)
  • Googleマイビジネスの登録と設定方法
22事例解析 – その1
  • 実サイトを見ながら改善ポイントの洗い出し
  • 対応可能範囲の判断と工数見積り
23事例解析 – その2
  • 実サイトを見ながら改善ポイントの洗い出し
  • 対応可能範囲の判断と工数見積り
24まとめ 

Webマーケティングコースの
関連記事

講師紹介

高見 和也
(メイン講師)

高見和也

株式会社まなびとの代表取締役兼エンジニア。地元SIerでシステム開発・設計の経験を元に情報系専門学校の講師に6年間従事。その後、宮崎市のIT企業にて社内教育の担当や現場のエンジニアとして働いてきました。2019年1月23日に株式会社まなびとを設立。地元に密着した企業を目指しています。

SNS
Facebook
Twitter
instagram
Webサイト
https://www.terakoya.work/